製品情報

  • HOME
  • 製品情報
  • NXPowerLiteファイルサーバーエディション

NXPowerLiteファイルサーバーエディション

国内導入企業 9,300社以上

ファイルサーバーの増設を検討する前に…サーバーリプレースの検討時に…ファイルサーバーの容量不足を解消

サーバー上のファイルを最大50分の1に軽量化

ストレージ上に保存されている個々のファイル容量を一括で軽量化

NXPowerLiteファイルサーバーエディションは、ファイルサーバー内に保存されている肥大化したMicrosoft Officeファイル(PowerPoint、Word、Excel)やJPEG、PDFファイルを効果的に軽量化し、ストレージの容量不足を解消します。

また、バックアップやウィルススキャンにかかる時間の短縮、ネットワーク負荷の軽減、サーバーリプレース時の移行時間やコスト削減など様々なメリットをもたらします。

NXPowerLiteの導入効果を安全にご確認いただけます NXPowerLiteファイルサーバーエディション 無料シミュレーター(体験版)ダウンロードはこちら

導入メリット

ストレージ容量不足を解消

ストレージ容量不足を解消

予想外に容量が不足した際、ストレージ容量を確保する手段として即効性があり、手間やコストもかかりません。また、サーバーリプレースや統合後も使用できるため、高い費用対効果を実現します。

バックアップ・リストア時間およびウイルススキャン時間の短縮

バックアップ・リストア時間および
ウイルススキャン時間の短縮

各ファイル容量が削減されるため、バックアップやウイルススキャンの時間が短縮できます。また、万が一障害が発生した際のデータ復旧(リストア)時間も短縮できます。

ネットワーク負荷の軽減

ネットワーク負荷の軽減

軽量化されたファイルがやりとりされるため、ネットワーク負荷を軽減でき他システムへの影響を防ぐことができます。

クラウド利用時のコスト削減

クラウド利用時のコスト削減

容量に応じた課金体系でクラウドストレージやグループ会社のストレージを利用している場合、コストを大幅に削減することができます。

ファイルサーバーのリプレイスおよび統合の時間とコスト削減

ファイルサーバーのリプレースおよび
統合の時間とコスト削減

サーバーリプレースや統合前にファイルを軽量化することにより、データの移行時間短縮だけでなく、より小さな容量のサーバーで運用することができます。

iPadでの表示速度向上

iPadでの表示速度向上

iPadでサーバー内にあるファイルのダウンロードや表示するまでの時間が早くなります。

NXPowerLiteファイルサーバーエディションは、既存のサーバー/ストレージから膨大な容量を削減することができるだけでなく、サーバーリプレース時での使用など様々なメリットをもたらし、投資効果が高くすぐに効果を発揮するソリューションです。

また、定期的に実行するようにスケジュールを設定することで手間がかからず、継続的にストレージ容量の最適化(軽量化)を保つことが出来ます。

導入事例

遠隔地バックアップファイルの軽量化事例 株式会社かんでんエンジニアリング 様

株式会社かんでんエンジニアリング 様

コストとBCP(事業継続計画)を考慮した結果、各拠点にあった100台近くのファイルサーバーを、30台に統廃合しNXPowerLiteを導入することになりました。

 PDFダウンロード 
工事写真・報告書の軽量化事例 クボタ環境サービス株式会社 様

クボタ環境サービス株式会社 様

9TBのファイルサーバーの更新を前倒しで行わなければならないほど逼迫していたストレージ容量不足を解消しました。そして、NXPowerLiteは予測が難しいストレージ運用に欠かせないツールになると感じています。

 PDFダウンロード 
管理ツールとの併用事例 株式会社エムアンドシーシステム 様

株式会社エムアンドシーシステム 様
(丸井グループ)

ファイルサーバーの運用コスト削減のためには、『まず軽量化ツール、次に管理ツール導入』という順番をおすすめします。

 PDFダウンロード 

主な機能

ユーザーインタフェース

ユーザーインタフェース

シンプルなユーザーインターフェースにより、非常に簡単な操作でストレージ容量を削減することができます。フォルダーとファイルの種類を選択し、軽量化したい/したくないを設定し、「開始」ボタンを押します。

また、より効果的に容量を削減するために、古いファイルに対する軽量化の度合いを設定することができます。

ダッシュボードのステータスバーでは実行中の進捗状況を確認することができます。軽量化されたファイルの情報は、ファイルの種類によって分けられるので、どのアプリケーションが最も肥大化したファイルを生成しているか確認することができます。

スケジュール機能

スケジュール機能

開始時間、終了時間、曜日など、スケジュール機能を利用し自由に設定できます。簡単に現在の状況に合わせたスケジュールで軽量化を実行することができます。

軽量化を実行する日時は、数回のクリックで設定することができます。

たとえば、5日間という任意の期間を設定し、その中で軽量化を実行する日時を設定することができます。また、実行日時を設定する際は、最初に設定した1日をコピーすることで他日時も簡単に設定することができます。

レポート機能

レポート機能

軽量化が終了した際に、NXPowerLiteはレポートを作成します。このレポートには、ファイルの種類ごとの保存など、サーバー内容の完全な概要が含まれています。

また、クイックスキャンを実行するとサーバー内のコンテンツ内容を解析し、レポートを作成します。

レポートは、現在のストレージの使用状況と、ファイル形式ごとにあらかじめ決められた 軽量化率(PowerPoint:63%、Word:46%、Excel:8%、JPEG:51%、PDF:45% 非圧縮TIFF : 25%、Zip:4%)をもとに削減容量の予測値を計測してレポートに出力します。

ネットワーク経由で、ファイルサーバーの軽量化が可能

nas

ファイルサーバーがWindowsサーバーの場合、直接サーバーにインストールして利用できます。

NASなど、Windows以外のファイルサーバーの軽量化を行う場合、ネットワーク経由でフォルダーを選択して、軽量化できます。


無料シミュレータ-(体験版)

シミュレーション結果サンプル

NXPowerLiteファイルサーバーエディションの効果を無料シミュレーション【NXPowerLiteの導入効果を安全にご確認いただけます】

NXPowerLiteの導入効果を、お客様のサーバー上で安全にご確認いただくことが出来るシミュレーターを無料でご提供しています。

ファイルの上書きや修正は一切されません。そのため、安全に実際のデータをご使用いただいくことができます。

NXPowerLiteの導入効果を安全にご確認いただけます NXPowerLiteファイルサーバーエディション 無料シミュレーター(体験版)ダウンロードはこちら

動作環境

対応OS※1 Windows Server 2008 R2 SP1
Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Storage Server 2008 R2 SP1 ※2
Windows Storage Server 2012 ※2/Windows Storage Server 2012 R2 ※2
Windows Storage Server 2016 ※2

体験版のみ以下のOSでも実行可能
Windows 7 SP1 /Windows 8.1 /Windows 10 (32bit、64bit)

以下の仮想化環境上でも利用可能
Hyper-V 2.0 上で動作するゲストOS/Windows Server 2008 R2 SP1
Hyper-V 2012 R2 上で動作するゲストOS/Windows Server 2012 R2
VMware ESXi 5.5 上で動作するゲストOS/Windows Server 2008 R2 SP1/Windows Server 2012 R2
VMware ESXi 6.0 上で動作するゲストOS/Windows Server 2008 R2 SP1/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016

※1: 対応OS に.NET Framework 2.0-3.5 がインストールされている必要があります。
※2: Windows Storage Server は OEM 供給元によって独自のカスタマイズが行われている場合があり、使用できる機能などもその供給元によって異なる可能性があります。
対応ファイル形式 Microsoft Word(97-2016)/Microsoft Excel(97-2016)/Microsoft PowerPoint(97-2016)
JPEG画像
PDF文書
※バージョンXI(11)以前のAdobe Acrobatを使用して作成されたPDFのバージョンが1.4から1.7 Extension Level 8のPDFファイル
TIFFファイル(非圧縮のみ)
ZIPファイル
※上記各ファイルを含むもの

※弊社で動作確認しているZIPファイル作成環境は以下の通りです。
Windows標準(Windows 7、8.1、10で作成したファイル)/WinZIP(バージョン 20で作成したファイル)/7-ZIP(バージョン 15.14で作成したファイル)
必要な空き容量 【インストール時に必要な容量】
150MB程度

【実行時に必要な空き容量】
インストールを行った端末の一時フォルダを使用するため、対象フォルダ内にある軽量化対象ファイル内で1番大きいファイルの2倍以上の空き容量が必要です 例:5GBのファイルを軽量化する場合→10GBの空き容量が必要
サーバー環境 【必要環境】
対応OSが動作するスペック

【推奨環境】
CPU:Intel Xeon 2.4GHz 相当以上
※性能の高いハードウェアほど処理速度は高速になる傾向にあります。ただし、マルチコアCPUには対応していないためCPUのコア数が増えてもファイルサーバーエディションの処理速度が劇的に向上することはありません。
メモリ:4.0GB 以上

PAGETOP